■後方ドライブレコーダーの取り付け - スズキ ワゴンR スティングレー MH34S

前方ドライブレコーダーの取り付けヒューズボックスのページも参考にして下さい。

後方ドライブレコーダーの取り付け

ユピテル ドライブレコーダー DRY-WiFiV1c。DC12V-DC5Vのコンバーター付き電源プラグコード。カメラ本体へはmicroUSBで接続。


■電源の取り出し

後方ドライブレコーダーの取り付け

まずは電源の確保から。インパネアンダートレイを外します。赤矢印などの隙間に内張り剥がしを挿してバキバキっと外していきます。


後方ドライブレコーダーの取り付け

前方ドライブレコーダー用にヒューズボックスのACCから分配した配線から電源を取ります。


後方ドライブレコーダーの取り付け

エレクトロタップで分配します。写真の緑丸のとおり塞がってるほうを分配側にします。


後方ドライブレコーダーの取り付け

ペンチでしっかり圧着することでコードの被膜が破け電気が流れる仕組みになっています。


後方ドライブレコーダーの取り付け

後方ドライブレコーダー用の電源コードにもヒューズホルダーを入れました。(ヒューズは1A)


■配線

後方ドライブレコーダーの取り付け

Aピラーを外します。


後方ドライブレコーダーの取り付け

分配した電源コードをヒューズボックス側から上方に通します。


後方ドライブレコーダーの取り付け

タイラップで固定しながら配線します。


後方ドライブレコーダーの取り付け

Aピラー上端部からはウェザーストリップと内張りの間に押し込むようにして後方に向かいます。


後方ドライブレコーダーの取り付け

Bピラーの中はシートベルトがあるので電源コードが干渉しないよう気を付けて下さい。


後方ドライブレコーダーの取り付け

赤点線のように配線しました。


後方ドライブレコーダーの取り付け

バックドアへは既存の配線同様に持っていきます。


後方ドライブレコーダーの取り付け

配線ガイドがあると通線させるのが簡単です。


後方ドライブレコーダーの取り付け

ゴム管を外し上側から配線ガイドを通し先っぽに電源コードを結びます。あとは引っ張るだけ。


後方ドライブレコーダーの取り付け

バックドアのパネルを外します。プッシュリベットは11か所。


後方ドライブレコーダーの取り付け

プッシュリベット(純正品番:09409-08333)。


後方ドライブレコーダーの取り付け

配線ガイドを使いバックドアのパネルの辺りまで電源コードを通します。


後方ドライブレコーダーの取り付け

ここで一手間。


後方ドライブレコーダーの取り付け

プラグが通せないので途中で切断します。電源プラグ側にはギボシ端子のオスを取り付け。※Micro-USB端子側は後でギボシ端子を取り付けます。


後方ドライブレコーダーの取り付け

バックドア上部にカメラ本体を仮止め。電源プラグコードはリアガラスの隙間に押し込んで配線しました。


後方ドライブレコーダーの取り付け

赤矢印のとおりに配線。


後方ドライブレコーダーの取り付け

リアデフォッガーのコードを通しているブッシュの穴を広げ電源プラグコードを割り込ませてバックドアパネル部に通しました。


後方ドライブレコーダーの取り付け

そしたらMicro-USB端子側にギボシ端子のメスを取り付けて電源プラグ側と接続します。なお後方ドライブレコーダーも前方ドライブレコーダーと同じくプラグロックタイプの電源ソケットを使用しました。


後方ドライブレコーダーの取り付け

電源ソケットのマイナスはアース端子に接続。通電確認をしてから電源プラグコードと電源ソケットをきれいにまとめてタイラップで固定。


後方ドライブレコーダーの取り付け

カメラ本体の位置が決まったら網戸の張り替えで使う網押さえゴムを用意しました。太さはφ4mm。


後方ドライブレコーダーの取り付け

赤矢印のように網押さえゴムを押し込んでいき電源コードを固定しました。


後方ドライブレコーダーの取り付け

完成です。